PCを自作していくうちに余るパーツの流用方法

PCを自作し古くなって交換したパーツですが、どうしても後で何かに使えるのではないのか?ととっておきがちです。
さて、そんな古いパーツの流用方法を考察してみます。

余った部品でもう一台パソコンを組み上げる

余った部品にもよりますが、あまり性能の高くないPCを組み上げるようでしたら、不足パーツを買い足すお金が勿体無くなってしまうこともあります。

中古買取ショップに持ち込む

おおよそ買い取り値はつきません、10円・・・という哀しい金額を貰って廃品回収をしてもらう、という現実を突きつけられる場合が多々有ります。

パーツを分別して、オークションなどで売ってしまう

意外なパーツが意外に高価に取引されることもあります、捨てるよりは実用的です、売れないこともあります。

故障パーツ検証用部品としてのストック

メインPCが故障した場合に、各部品を取り替えるストックとして、1パーツなるべく最新のものだけストックしておきます。
1パーツずつ取り替えて、もし故障回復すれば故障箇所の特定に役立てることができます。
あまりにも古くなってしまった場合には、流用すら時代遅れになって不可能となるので、時期を見て潔く捨てるのが良いでしょう。
HDDやSSDでしたら、バックアップ装置としてとっておくこともできますが、最近の大容量HDD(SSD)も大分安価になってきているので、買い換えてバックアップを取ってしまったほうが良いかもしれません。でもオンラインゲーム用には古いパーツだとスペック不足になる可能性があるため、黒い砂漠推奨スペックを基準にして新しいパーツを買うか新しいゲーミングPCを買うか判断しましょう。
物持ちが良いことも良いことですが、PCパーツの進歩は早いので、使えなくなったパーツは見切りをつけて、故障箇所特定用に1パーツ毎に最新のものを1つストックしておくのが良いです。