快適な性能を自作PCで実現

結構何年もかかったな。自作に向かうなら、BTOのショップモデルから始めるのが良いかもな。ハードいじる時はバックアップを忘れずに。PC自作してくれって頼むくらいならBTOで買おうよって思う。自作とBTOって今値段あんまり変わないって聞くけどマジか。今の時代自作とBTOどっちが安いんだろう。BTOって実際パーツ計算すると店にいく利益ってかなりいく。自作が安いに決まってるだろ。自作PC組みたいというよりも快適なスペックを達成するにはBTOがバランスいいと結論を出してたな。その後はいつの間にかRAM,M/B,CPU,グラボの変更するようになってて、ヒートシンク買いあさるようになってた。

BTOのPCをベースにマザボごと入れ替えた経歴のある我が家のPCはBTOなのか自作なのか。確かにBTOなどのメーカー製の方が安心できるのは分かる。より快適な性能を自作PCで実現できるとしても、それは理論上でしかない。分解できるほど知識あるならBTOか自作でいいかな。最低5~10万のゲーミングBTOか自作ゲーミングPCあればBFもCODもCSもGTAもPC本体価格+(ソフト1本につき)1~7000円内で出来るんだよな。自作の利点は自分で好きなパーツに出来るってだけだし、BTOとかで電源気を付けるだけで良いか。写真現像用途で自分で調べて初自作で組んで12万くらいだったけど、CPUとか多少パーツの性能落とせば10万くらいで収まるはず。自作の利点は一つ一つパーツ選べることだから特に拘りがなければBTOでいいよねってなる。