自作のメリットはまだあるけどBTOパソコンのほうが色々と便利

自作パソコンのメリットとは

「パソコンは新品で買うよりも自作した方が安い。」

確かに、この考え方は否定出来ない。自身の手で各々のパーツを調達、そして組み上げる事が前提となりますが、余計な費用が掛からない分には安く済みます。また、自身の手で一から作る事になるので、大抵のトラブルに対する知識も身に付きます。しかし、自作の場合は組み上げるまでに時間が掛かる。パーツ選びだけでも相当の時間を要するでしょう。加えて、当然ながら自作の場合はサポートはありません。重大なトラブルに陥った場合は全て自己責任となります。

では、メーカー品の場合はどうなるのか。

パーツを調達する必要はありません。組み上げに関しては、マウスやキーボードなどのコードをパソコンに繋ぐ程度の作業のみです。また、購入後すぐに手元へ届きますので時間が掛かる事はほぼ無いです。加えてサポート体制も大手メーカーならば万全を期しているでしょう。価格は約50,000~円の物もあり、思ったほど高額でもないです。

以上を踏まえて考慮すると、自作に対するメリットがあまり感じられません。パーツを安価な物で構成したとしても自作の方が少し安くなる程度で、時間を掛けてまでやる必要は皆無です。

とはいえ、上記は用途などは全く考えていません。ゲームや動画編集などをする場合では拡張性に富んだ自作の方が当然良いです。理由は、メーカー品は拡張性があまり無く、たとえ拡張可能だとしても恐らくは対応するパーツがかなり限定されますからね。その上メーカー品を無闇に触ると保証が切られる場合もありますので注意が必要です。

という事で、安く済ませるだけならばメーカー品で十分です。拡張性を重視するならば自作がオススメです。というのが結論となります。

BTOパソコン買うならドスパラ!

パソコンを購入する場合、一番良く利用されているのは量販店です。実際に見て選ぶ事が出来るという点と年末などに大安売りをしている場合もあり、多くの方が量販店で購入しているでしょう。

次にもう一つ多く利用されているのが、ネット通販です。ネット通販では実際の商品を見ることが出来ませんが、参考となる商品写真が掲載されています。実寸は比較写真や説明文に表記されている場合が多いです。またネット通販では、店舗に足を運ぶ必要が無く非常に便利な点もあり、昨今ではパソコンを購入する際に利用する方が急増しています。

そんな中、更にネット通販によるパソコン販売を加速させているのがBTOパソコン。

BTOとはBuild To Orderの略語で、意味は「受注生産」です。通常、パソコン購入に際して基本構成を変更する事は出来ません。しかし、BTOパソコンでは注文時にパーツを選ぶ事が可能であり、選んだパーツはメーカーが組み込んでご自宅に届けてくれます。

そしてこのBTOパソコン販売で最も人気を呼んでいるメーカーが「Dospara(ドスパラ)」です。何故、ドスパラの人気が高いのかというと、一つはパーツの豊富さです。これはドスパラも自負している事ですね。実際に注文してみると分かるように、とにかく選択可能パーツが多いです。こだわりや用途に合わせるのも可能で、気になる金額も画面にしっかり表示されるので安心です。さすがBTOパソコン比較でも一番おすすめされているメーカーですね。信頼感が違います。

人気の理由もう一つはサポートが充実しています。まず初期不良があった場合は、1週間以内であれば対応可能で、パソコン本体は着払いにて修理センターへ発送するだけです。返送も特に遅いという事はありません。また修理保証加入時に発生する料金は非常に安く、不安な方は3年間の修理保証を選択するのが最もベター。

パソコン購入を検討している方は、是非一度「ドスパラ」を検索してみて下さい!